潘多拉 IV AI戰爭

劇情介紹

潘多拉 IV AI戰爭講述IT企業が経営するメディノックス醫療センターでは、醫學者の鈴木哲郎(向井理)が開発したAIによる患者の診斷が行なわれていた。人間の醫師が行なうよりも短時間で正確に、しかも無料で行なうAI診斷は世間で評判を呼ぶ。AI診斷を導入したIT企業代表の蒲生俊平(渡部篤郎)は、海外に後れを取らないためにも醫療のAI化を進めていくべきだと主張。しかし、醫師會會長の有薗直子(黒木瞳)は「時期尚早」と難色を示し、さらに優秀な外科醫の上野智津夫(原田泰造)もAIに診斷された患者の手術に當たることを不快に思っていた。   そんな中、AI診斷に基づいて上野が手術した患者が、術後に容體が急変して亡くなってしまう。上野はAIが餘計な診斷をしたせいだと言い放ち、鈴木は上野の判斷が間違っていたせいだと反論する。一方、記者の太刀川春夫(山本耕史)は、AIで診斷した患者が死亡したという情報をつかみ、獨自の調査を始めていた。

日劇《潘多拉 IV AI戰爭》由 向井理  黑木瞳  美村裡江  三浦貴大  山本耕史  原田泰造  渡部篤郎 等主演, 河毛俊作 執導。
給【潘多拉 IV AI戰爭】打分
  • 很差
  • 較差
  • 還行
  • 推薦
  • 力薦
暫無評分

相關推薦

© 2021 itv8.tv  E-Mail:[email protected]  

觀看記錄